ツヤのある髪の毛になりたい

ドライヤーを使って手早く乾燥させてしまおう

人の髪の毛は高温に弱いということは誰でも知っていると思います。そのためにドライヤーで乾かすとことは髪の毛には良くないという風潮があることも事実です。髪の毛は熱に弱いということを意識しすぎてしまい自然乾燥を行っているという人もいると思いますが、髪の毛はドライヤーで乾かしたほうがメリットが大きいです。自然乾燥ではどうしても頭皮までは乾燥させることができませんし、濡れたままの状態で寝てしまうと寝癖で朝起きてからが大変になります。ドライヤーは一定の距離を保って乾かすものですから、髪の毛が変化するほどの熱がかかるということはまずありません。もしも高温という物で髪の毛の影響を心配するならドライヤーではなくヘアアイロンやコテの方です。こちらは本当に髪の毛にダメージが出てしまうほど高温になります。髪の毛は60℃以上の熱を加えると変化を始めます。そして110℃を超えると硬くなり、200℃を超えると溶けてもとには戻りません。さすがにここまでの熱をドライヤーで与えるのは難しいので、ドライヤーで乾かすこと自体そこまで大きな負担にはならないのです。でも長時間のドライヤーは髪の毛に余り良くないということもあるので、もしもドライヤーを使うなら15分を目安に手早く乾かしていきましょう。髪の長さにもよりますが、頭皮を乾かして髪の毛の根本から毛先にかけて順番に乾かしていくと慣れてくれば手早く乾燥させることもできます。ドライヤーを上手に扱えるようになってみましょう。
ドライヤーで髪の毛を乾かすのは髪の毛のケアを行う上での基本です。自分はドライヤーは使わない、絶対に自然乾燥がいいなんて人もいるかも知れませんが、自然乾燥は髪の毛の短い人にしかメリットがありません。女性になるとショートカットでも自然乾燥はいけません。ある程度の長さがあるなら柏 ネイルサロンドライヤーでしっかりと乾かすことを考えましょう。自然乾燥にはメリットもあるのですが、どうしても改善できないデメリットがあり、そのデメリットが、頭皮の湿気です。ドライヤーを使うとすぐに頭皮を乾かすことができますが、自然乾燥では頭皮が乾くまでに時間がかかってしまい、その間に菌が繁殖して臭い等の原因につながってしまいます。ドライヤーにもデメリットはありますが、そのデメリットは正しく使うことで改善できますので、自然乾燥ではなくドライヤーを使って乾かす習慣を身に着けてみてください。ドライヤーを使うときには頭皮から乾かしていきます。そこから髪の毛の根本、毛先へとドライヤーを移して乾かしていきます。キューティクルが毛先に向かっていますので根元から乾かしていくと髪の内部を乾燥させることなく表面を乾かしていくことができます。手で余計な事をするよりもドライヤーの風でなびかせるようにして乾かしていきましょう。余り暖かくすると髪の毛が傷みますのでドライヤーを常に動かし続けて一か所に集中しないように気を付けてください。最後はクールモードで髪の毛を引き締める事も忘れないでください。