ツヤのある髪の毛になりたい

湿気で広がってしまう髪の毛のヘアケアについて

雨の日、湿気が多いと髪の毛が広がってしまいまとまらずに苦労している人も多いようです。また雨が降っていなくてもなんとなく髪の毛の広がり方で明日雨が降りそうと予想できてしまう人も中にはいるようです。敏感な髪の毛を持っている人は大気中の湿気に反応して髪の毛の状態を変えるのです。問題なのは、湿気によって天気を予想できたところで肝心の髪の毛が一向にまとまらないこと。朝起きたら爆発を起こし、出勤までに時間がないにもかかわらず朝食も満足に取れないまま髪の毛の手入れに時間を費やさねばなりません。普段からヘアケアに慣れている人は簡単に対処していますが、ヘアケアを行うことに慣れていないとただ水をつけてブラッシングくらいしか対処する方法が思いつきません。梅雨の時期のように毎日が雨続きで湿気が多くなり髪の毛がまとまらないという状況が続くとき、髪の毛の水分のバランスは崩れています。水分の失われた髪の毛は空気中の湿気を吸い取り、吸い取った水分で髪は膨張してしまいます。こうして髪の毛は広がってしまい梳いても梳いても一向にまとまってくれないのです。ヘアケアで大事なことは髪の毛の水分バランスを整えることと、キューティクルが開かないようにすることです。水分バランスは保湿で解決し、キューティクルはしっかりと乾燥させることで解決できます。トリートメントとドライヤーを使って基本的なヘアケアを行っていくように心がけていきましょう。
頭を洗いすぎてしまうと、逆に皮脂が過剰に分泌されてしまいよくないということは一般的にも知られてきています。洗いすぎが頭にとってよくないことは理解できても、ではいったいどれくらいが洗いすぎで、どれくらいがちょうどいいのか気になるところです。シャンプーについて、一日に複数回のシャンプーは洗いすぎです。人によっては1日に1回でも洗いすぎといわれるくらいです。皮脂の分泌量は個人差がありますし、季節によっても違いが出てきます。よほど頭が気持ち悪いとか、べとべとするといったようなことがない限りは洗わないようにしたほうが頭皮にはいいのです。市販のシャンプーを使っている人なんかは特に洗浄力の高いシャンプーを使っているわけですから、あまりにも洗いすぎてしまうと皮脂量が多くなってしまい、抜け毛などにつながることもあります。男性にくらべて皮脂が半分程度の女性は洗いすぎ傾向の人も多く、髪が細くなったり枝毛などのダメージが出てきたりと問題を抱えていることも多いようです。毎日丁寧に洗っているという人はシャンプーをしない日を作って髪の毛を傷めない日を作ってみると健康的な髪の毛が育つようになります。年齢をかさねると皮脂の量は減っていきますので、川口 美容室一日おきといわずに2日おきでも問題ないという人もいます。年齢や自分の体質をかんがえたうえでシャンプーの回数を調節していくようにすると、いつまでも若々しい髪の毛を保つことができるようになります。