ツヤのある髪の毛になりたい

ヘアカラー、パーマ、シャンプーの3つは回数に注意が必要

女性にとってヘアカラー、パーマ、シャンプーは日常的にあたり前のことになりつつあります。自分好みの色があるなら美容室に行けばすぐに髪の毛を染めてもらうことができますし、市販のヘアカラーを使って染めることもできます。今はストレートにするのにもパーマを使うようになりましたし、くせ毛に憧れる人がパーマを使うこともあります。そしてシャンプーで頭を洗うということもごく一般的で、毎日欠かさずにシャンプーを行っているという人も多い事でしょう。でもこの日常的に行われていることが全て髪の毛を傷めることにつながっています。一番髪の毛にダメージを与えるのがヘアカラーと言われています。そしてパーマ、最後にシャンプーといった順番で髪の毛が痛み安くなります。しかし、髪の毛に一番ダメージを与えるのは毎日行うシャンプーです。パーマもヘアカラーも毎日は行いませんが、シャンプーは多い人は1日に数回行っているなんて人もいるため、そういった人の髪の毛はかなり傷んでしまいます。髪の毛の美容のためにはヘアカラー、パーマ、シャンプーといった物の回数を減らすことが必要です。ヘアカラーやパーマの回数を減らすことは出来てもシャンプーの回数を減らすことは簡単にはできません。なぜなら習慣化してしまっているからです。習慣化したシャンプーの回数は意識して毎日回数をチェックする等して減らしていく方法がおススメです。今髪の毛が傷んでいる事に悩んでいる人はヘアカラー、パーマ、シャンプーの3つについて見直してみることです。
ヘアスタイルをセットするために必要となるへアアイロンですが、使い方を間違えてしまうと髪の毛に大きなダメージを与えてしまうこともあります。ヘアアイロンは普段から使い慣れているという人も一度正しい使い方を考え直してみてください。まずは注意点として、ヘアアイロンはぬれた髪の毛に使ってはいけません。ぬれた髪の毛はキューティクルが開いています。柏にある美容院キューティクルは髪の毛の内部を熱や刺激から守ってくれるのですが、キューティクルの開いた状態でヘアアイロンを使うとぬれた髪の毛についた水分と一緒に内部の水分を蒸発してしまいます。髪の毛が傷むどころの話ではなく致命的なダメージになるため気をつけましょう。同じ部分に何度もヘアアイロンをかけてはいけません。髪の毛は繊細ですので、同じ部分に使うとキューティクルがはがれてきます。ヘアアイロンを使うのは1週間のうちに2回までと回数を決めておきましょう。あまり使いすぎるとダメージが残る癖がついてしまいます。何度も使うことを考えている人は美容院のストレートパーマがお勧めです。ヘアアイロンは最大で200度を越えるものもあり、そのまま髪の毛に使ってしまうと髪の毛がだめになってっしまいます。140度くらいに設定して髪の毛に優しく使っていくように心がけましょう。少しでも熱から髪の毛を守るためにヒートプロテクト効果のあるスプレーやジェルなどを使っていくと効果的です。目的のヘアスタイルにしたいからといって、髪の毛を傷めないように気をつけて使ってみてください。